トップへ戻る

UFO NASA写真が物語る月にいる説

変な写真がかえって疑惑を生む

 

 

月面での写真をよく見てみると

 

「なんか変だぞ」

 

そう感じさせる写真があるものです。

 

月面の写真で見ることが出来るモノの多くはアメリカが撮った写真ですが、

 

妙な加工をしているものが多いんですね。

 

 

 


加工された NASA の写真

宇宙人も目的のために攻撃占領するのだろうか?

-- 硫黄島 時事ドットコムニュース --

 

 

アメリカは先の大戦で、
日本を攻撃するための爆撃機を発着させる基地が必要になり
サイパンやテニアン、硫黄島を占領しました。

 

 

その結果、毎日のように日本本土が空襲され、
日本の民間人が何十万人も死傷しました。

 

 

もし宇宙人なるものがいて、地球に何らかの接触を考えていたら・・・
その目的が何であっても、近くに基地は欲しいはず。

 

 

その基地を作るとしたら、やっぱり月ではないかと。

 

そこでガ然、宇宙人の月基地疑惑が出てくるわけです。

 

 

 

Apollo image atlas より

 

 

アメリカのアポロ計画で月面に降り立った飛行士の写真ですから
写真の出どころは NASA です。

 

ところが、次の NASA のホームページで今でも公開している写真は
上のよく見る写真とちょっと違うんです。

 

 

ウソだと思ったら、ここ見てみてください (NASAサイト)
www.hq.nasa.gov/office/pao/History/alsj/alsj.trio.jpg

 

2003年ころから NASA のホームページにあったとされています。

 

どこが変だか気が付きましたか ?

 

 

 

 

そうなんです。

 

宇宙飛行士のヘルメットのガラスに写っている風景が
一部分だけ違うんです。

 

大きく違っていれば別の角度で撮影したかとも思いますが
違うのは一部分だけなんです。

 

 

 

アポロ計画の乗組員は、ご存知の通り 3人です。

 

一人は月面作業メンバーを回収するために
母船に乗って、月の周回軌道を廻っていなければなりませんね。

 

 

つまり、月面には二人しか降りられないのです。

 

 

 

飛行士の周りの景色は、焼き具合の違いはありますが
同じと考えられます。

 

この2枚は、同じ写真です。

 

 

・・・で、あれば

 

一般に公開する際に、NASA はこの一部分だけを
修正・削除したと考えるのが普通です。

 

 

ではなぜ、そんな修正が必要だったのでしょう。

 

 

それは、公表してはマズイ被写体が写っていたからです。

 

 

そう、写ってる人が、一人多いんです。

 

 

さて、

 

この公表にしてはいけない被写体とは何者だったのでしょうか ?

 

 

 

今のあなたの心に、興味津々です。

 

 



 
トップページ 終活と介護 宇宙人とか見えない世界とか