トップへ戻る

宇宙人にしてみれば迷惑な話

どんな生き物も宇宙人

 

 

宇宙人の話をすると真剣になって、時間のたつのも忘れる人がいます。

 

反対に、冷ややかな目で小ばかにする人もいます。

 

何故でしょう ?

 

 

宇宙人と言うネーミングが良くないのです。

 

「誰が人なんだ !」

 

宇宙いる生物はそう叫んでいるでしょう。

 

 


隣の人が宇宙人でもOK

もしかしたら、あなたの隣にいる人は・・・

 

 

 

『自分たちと同じはずだ』

 

なんて傲慢な地球人たち。

 

 

地球の生物群は、地球の環境に適した形で生存しているだけではないですか。

 

どんな姿でもその存在を受け入れる姿勢が必要です。

 

生きているならば、地球外生命体 (宇宙人) です。

 

小さな虫のような生き物が実は宇宙から来たもので、
既に地球で生き続けているのかもしれません。

 

そうだとしたらあなたならどうしますか?

 

 

 

アリゾナ州立大学の心理学者 ヴァーナム助教授が
アンケート調査とメディア分析を組み合わせて科学的に調査したそうです。

 

何を ? って ?

 

地球に宇宙人が来ていたとしたら・・・

 

微生物程度の生き物と想定して

 

 

そしたら地球人は宇宙人に対して
『おおむね 友好的』 
なのだそうです。

 

またヴァーナム助教授によれば
「別の調査結果によれば、アメリカと西ヨーロッパの人口の約半分は、
もうすでに地球外生命体が地球に訪れていると信じているそうです。
それでもこれといった混乱は今までみられていません。」

 

しかし、とヴァーナムは続ける。
「おそらく人間が初めて遭遇する地球外生命体は
微生物である可能性が高いことが科学者のほぼ一致した意見です」。

 

以上は Discovery より

 

 

 

既に地球に居ると信じている人たちが大勢いるのに、
何も起こらない 西洋人の寛大さ。

 

多国籍の人種が当たり前に住んでいる国ほど
"移民" を受け入れることが出来るんでしょう。

 

 

それにしても
科学者レベルの中での宇宙人の概念が
イカ人間やネコ目少年じゃなくて
私は ホッとしています。

 

映画でも、既に地球に宇宙人が来ている という類のものがありましたが、

 

勝手なイメージで作られた映画に歓喜する地球人を
宇宙人たちはどのように見ているのでしょう。

 

自分たちの事を似ても似つかない姿で描いていたら、
私だったら腹が立ちます。

 

迷惑な話です。

 

何もわからない低レベルの知能しか持たない
喧嘩好きで傲慢な生き物。

 

そんな無警戒な生き物が地球人、
自分たちこそ最高の知的文明と信じ込む地球人

 

 

きっと
バカにされますね。

 

 

誰から ?

 

宇宙人からです。

 

 

 

 

 



 
トップページ 終活と介護 宇宙人とか見えない世界とか