トップへ戻る

終活と介護

60代に仕事はない

 

60歳になると勝手にやってくる 『定年』

 

ほとんどの企業で必ずやってくるものです。

 

50代ではなかなか実感がわきませんが、

 

多く会社で60歳を迎えると突然花束を貰えます。

 

嫌でも現実を突きつけられます。

 

まだ働く必要のあるあなた、

 

60代には仕事はないのでしょうか ?

 

 

 

60歳をきっかけにして考えてみよう

 

 

60歳を還暦と言いますよね。

 

赤ちゃんに戻るという事で、

 

赤いちゃんちゃんこを貰う方も多いでしょう。

 

 

 

昔と違って寿命が延びてますから

 

60歳で生まれ変わるのは、ちと早い気もしますが・・・

 

 

 

定年して新しい職場を探す人もいれば

 

再雇用の制度を利用して今までの会社に残る人もいる事でしょう。

 

 

 

今までの会社に残れば改めて覚えることもありませんし

 

やり慣れた仕事をこなせばいいので気も楽でしょう。

 

でも 『再雇用』  

 

給料が大幅に減りますね。

 

 

 

それで、退職して別の会社勤めを目指す人が゛たくさんいるわけです。

 

そこで立ちはだかるのが、60代に対する募集の少なさ。

 

 

 

あなたはどの業界を探していますか ?

 

普通ならやり慣れた、今までと同じ業界を探しますよね。

 

ですが、大概の会社は若い人を募集します。

 

社会で散々経験してきた人は、『扱いにくい』 ですから。

 

 

 

さて60歳、

 

生まれ変わるのですから

 

思い切って 『全く新しい業界』 

 

そんな年齢層の人でも募集せざるを得ない業界に的を絞る・・・

 

と言うのは如何でしょう ?

 

仕事がない なんてことはありません。

 

若い人が集まりにくい業界に行けばいいんです。

 

そんな事情の業界ならではの待遇が期待できるというものです。

 

 

 

ズバリ介護職です。

 

 

 

最初は資格も要らない と言う施設も多くあります。

 

私も無資格で入りました。

 

もちろん、専門知識も技術も必要です。

 

それだけに、研修が様々な場所で行われています。

 

 

 

仕事を充実させるための研修ですから、

 

施設側も喜んで行かせてくれます。

 

いつの間にか資格を持って専門介護職となっていきます。

 

それにつれて、給料も上がります。

 

 

 

『人の世話をする』 というのは

 

60代まで年齢を重ねてたくさんの人との関係を経験とし、

 

何をしてあげれば喜ぶのか という

 

年配の人が得意な点を生かすことが出来ます。

 

 

 

目の前の人が喜んでくれます。

 

 

 

一般企業の仕事のような

 

『腹の探り合い』 的なやり取りは、ありません。

 

そう言う意味では、とてもクリーンな業務です。

 

 

 

私はそのために

 

ストレスをため込んでいましたから

 

とても楽になりました。

 

 

介護の仕事ってどんなだろう ?  って思ったら

 

介護の仕事は大変なの ?  をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 


 
トップページ 終活と介護 宇宙人とか見えない世界とか